車種マセラティ/ギブリ 施工商品 施工内容スナップオン/エアコンサービスステーション施工 工期45~60分
スタッフから一言

乗用車だけでなくキャンプングカーや商用車など、R134ガス車両であれば幅広いお客様に御提供可能なメニューです。
基本施工費は税込み価格16,200円、添加剤はマイクロロン/エアーコンディショナーフィックス8,640円とワコーズとパワーエアコン4,320円から選択頂けます。
H30年5/1~9月末まで基本施工費16,200円⇒12,960円のキャンペーン価格にて御提供中です。

世界No.1のツールメーカーSNAPON社の「エアコンサービスステーションPS134PRO」を使用したエアコンサイクル環境を整えるメニューです。

この「エアコンサービスステーション」、簡潔に言うと「エアコンガスを規定量入れ直す」事が出来る機材なんですが「え?それだけ?」と思うなかれ、実は新車組み立ての時点で充填されているエアコンガス量はほとんどの車両が不足していて、本来の冷房能力を100%発揮していないんです。

例えばこちら、フォルクスワーゲン/ゴルフⅥは規定量525gに対して100g不足。
alt

alt

レクサス/ISは規定量430gに対して130g不足。
alt

alt

こちらはイスズ/エルフ。規定量500gに対して110g不足。R134ガスであればトラックでも施工可能です。
alt

alt

ベンツ/ML63は規定量970gに対して75g不足。
alt

alt

一定量のガスが充填されていればひとまずエアコンサイクルは機能しますので、冷房能力としては問題ない様に思えます。実際、上記車両のオーナーさんは少しの違和感も感じておられませんでした。が、メーカーが指定している量を再充填すると吹き出し口温度が2~3℃下がる事もあり、極めて多くの車両のエアコンが100%の働きが出来ていないのは間違いありません。

そこでこの「エアコンサービスステーション」。車両のエアコンガスを回収&ろ過⇒真空引き&真空度チェック⇒規定量のガスを再充填、、、という各工程をマイコン制御下で行います。数グラム単位のガス回収量/充填量を手作業で管理する事は不可能ですが、エアコンサービスステーションは5g単位での管理が可能です。

メーカーの営業さんによると「ろ過した後のエアコンガス内不純物含有率は市販されているエアコンガスよりも低い」そうで、不純物が原因で起こるエアコントラブルも防ぐ事が出来るのも大きいメリット。
回収したエアコンガスが市販ガスよりも純度が上がって再充填されますので、数多くのエアコントラブルを見ている私としてはエアコンガスが適量充填されている事より、実はこの不純物除去の方が感動したりもします、、、。
alt

基本施工費は15,000円+税。
alt

同時注入可能なエアコンオイル添加剤はマイクロロン社の「エアーコンディショナーフィックス」(1本8,000円+税)と、、
alt

WAKO'Sのパワーエアコン(1本4,000円+税)の2種類を御用意しております。
alt

以下、施工の御依頼を頂く上での注意点です。

★R134ガスを使用している車両である事(R12、R1234yfは施工不可)

★ガス漏れ修理材が車両に注入されていない事(こちらは後日対応出来る様になりますので不明な場合はお問い合わせ下さい)

★一部の車両に搭載されている「可変容量コンプレッサー」はガス不足を検知するとガス吐出量を増加させる仕組みになっている為、ガス不足の状態から適量になる事により冷房能力がわずかに下がったと感じる場合がありますが、システムとしては施工後が正常ですので御理解下さい(適正ガス量に戻るとコンプレッサーが無理な稼動を抑える為に燃費も良くなります。)

★近年のボルボ車両などの、高圧サービスバルブが装備されていない車両は作業不可(低圧&高圧のチャージホース接続が必須)

★サイクル内を最適な環境にする事が目的の機材ですので、冷房能力向上が体感出来ない事があります。

★回収ガス量が規定量と合致している場合でも補充ガス量に関わらず施工料金は一律で頂戴する形となります。

★4tトラック以上の大型車両は別途お見積り致します。

★エアコンガスに溶け込んでいるエアコンオイルや添加剤は回収、廃棄処理となります。サイクル内の残留オイルは回収出来ず、残留量の正確な算出は不可能です。

★エアコンシステムが正常に作動している車両である事(明らかな冷房能力不足やガス漏れなどの故障を治す機材ではありません)

★車齢15年以上や過走行車などはエアコン構成パーツが本来の働きをしていない場合も多く御座います。エアコンガス規定量を再充填する事により予期せぬトラブルが生じる可能もありますが施工によるトラブルは一切保証致しません。

 

新車購入直後や購入から数年経過した車両、乗用車だけでなく乗車時間の長い営業車、タクシー、トラックなどの過酷な環境で使用される車両などなど、多くのお客様に満足頂けるアイテム「スナップオン/エアコンサービスステーション施工」、是非ご検討下さい。

施工ブログはこちらをご覧下さい⇒『スナップオン/エアコンサービスステーション』